読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以心伝心など、ない。

母娘問題あるある、として、

母サイドが「こんなによくしてきたのに!」

ということがある。

 

「私はこんなにあなたを愛してきたのに!」

と。

 

でも思う。

伝わらなくてはないのも同然。

本当はありました、なんて信じられるわけがない。

そして、信じてはいけない。

 

 

子供が実際に辛いと思っていて、

愛されてないと感じていたとすれば、

それは伝え方が悪かったし、

本当に伝えようとしたのか?

その努力をしたのか?

私の子供なんだから、わかってくれて当然、なんて余裕で思っていなかったのか?

 

と問いたい。

 

「親子なんだからわかって当然」

と育てられた人は、大人になって以心伝心を信じているように思う。

 

言わなくても伝わる、と本気で思っているのは、

そう言われ続けてきたからだと思う。

 

信頼関係があれば、多少そういうものもあろうかと思うけれど、

母娘で悩んでいる人の間に信頼関係があることはまれである。

 

だからこそ、自分が大人になったとき、ぜひ伝えたい。

わかりやすく、ちゃんと言葉で、子供に「大好きだよ」と。

「あなたのこと、大好きだからね!」

と。

 

「言わなくてもわかるでしょ。」は怠慢でしかない。

まずは、最初は言葉にすることから。

言葉なんてお金かからないのだから、言えばいい。

言って伝えればいい。

 

言ってほしかった「大好きよ。」を

自分の子供に言おう。